2011年4月22日金曜日

小倉公園に樹上伐採現る!

       
2月、美濃市小倉公園内の木の伐採が行われました。
杣の杜学舎が長年関わってきた公園整備の集大成です。
現場には滝が2つあり、風光明媚な場所です。
が、長年の放置により木がうっそうと茂り、滝も見えなくなっていました。
今回行ったのは枯れはじめた木や伸びきった枝を切る作業でした。
大きな石碑や池があり、15㍍以上もあり枝も広がる木を倒すスペースはありません。

そこで「樹上伐採」請負人、「恵風舎」澤田氏とkikkoring稲垣氏の登場です。
恵風舎HP↓
http://keifusha.web.fc2.com/index.html



幹の先の方でチェーンソーの切り子が飛びます。
特殊ロープを伝って伐採された幹の一部が地上にゆっくりと降りてきます。
上では小さく見えていた幹も地上に降ろされると
持ち上げるのは一苦労の大きなものです。
樹上伐採は特殊技術ではありますが、地上での伐採技術が確かでないとできません。
また樹上の技術はもちろんですが、地上でロープを操作する人の技術も確かでないと危険です。
総合的な技術とチームワーク
2つが揃った仕事は安心感があり見ていて爽快でした。

伐採されたカシなどの樹木は薪として利用され新たな命を与えられます。
景観を美しくということと木の生命を最大限に活かすこと

伐採技術者の腕にかかっています。

伐採状況写真は↓
https://picasaweb.google.com/115977032222184661790/rzzWqC#

1 件のコメント:

  1. 小倉公園に滝があったとは!?

    返信削除